スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


拝啓 敬愛なるサイト様



本日を以って、僕の敬愛するイラストサイト様がお消えになられました。
閉鎖はちょうど一ヶ月ほど前になりますが。

まずはお疲れ様でした。と、こんなところで言ったところでご当人の目に触れるかどうかわかりませんけれど。

質感の美しいイラストを描かれる絵師さまでした。
金属や石など、乾いた表面の質感や、雲の流れや光、写実のような色彩が美しい。
世辞でなく、ああ、これが風格の違いだ、と本気で思っていました。今も思っています。風格が違う。物理的視覚で見えそうなくらいそれは違っていて、色合いをいくら真似してみても本当に全然風格が違うんですよ。すごい、すごい絵師様だ…!全然全く敵いません…!と。これが大人の絵だ…!と思いました。それは薄っぺらい意味ではなく、「これが大人が描いた絵だ」と。僕は確かに好き好んで思春期な絵を描いていて、青さと言うものを表現しようと言う意思を持って絵を描いていますが、心からその絵師様を敬愛していますし、尊敬しています。

描き上げるのを一度横に座って最初から最後まで見てみたいと思いました。(「何時間もかかりますけれど」と言いつつ快諾してくれたのを今もネッチリ覚えていますので、いつか叶えさせてください)

風が吹いたら砂の匂いまでしそうな絵を描くことのできる絵師様でした。

閉鎖を聞いたときは、残念すぎてギター侍も斬ってくれなそうな気分でしたが、最初聞いていた閉鎖時期よりも十枚くらい多く見れたので涙をのむことにします。

お疲れ様でした。
またお会いできる日を心より楽しみにしています。
直接お会いしたときには、またお酒でも一緒に飲んでいろいろな話をしてください。


最後を飾った絵は、お見事の一言でした。



スポンサーサイト

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。